首相官邸ウォッチ

首相動静の記録。2020年9月16日の菅首相就任から。

2020年9月21日(月)(祝)菅首相の一日→有識者と相次いで面会

▽8時35分 東京・赤坂の衆院議員宿舎発。40分 官邸。官邸の敷地内を散歩。

▽9時21分 東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急。レストラン「ORIGAMI」。22分 経済ジャーナリストの財部誠一氏。58分 大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミスト

財部 誠一(たからべ せいいち、1956年4月29日 - )は、日本のジャーナリスト。東京都出身。

1980年慶應義塾大学法学部卒業、野村証券入社。3年後に退社して、出版社に勤務。さらに3年後にフリーライターとして活動を始める。当初は社会派のノンフィクションライターを目指したが、2年後に経済記事を代打で書いたことを契機にジャーナリストへ転身した。

1993年から1994年にかけて5冊の単行本を執筆。以後、ジャーナリストとして、新聞、雑誌に寄稿している。1995年、シンクタンクハーベイロード・ジャパン」を設立。

財部誠一 - Wikipedia

熊谷 亮丸(くまがい みつまる、1966年 - )は、日本の経営者、経済学者、大和総研の専務取締役調査本部長チーフエコノミスト政府税制調査会特別委員。特定複合観光施設区域整備推進会議委員。総務省「情報通信審議会」委員。経済同友会 幹事、経済情勢調査会委員長、政策審議会委員。

東京都出身。1978年に東京教育大学附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1984年に筑波大学附属中学校・高等学校を卒業。

1989年に東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。同行調査部、興銀証券、みずほ証券メリルリンチ日本証券を経て、2007年大和総研に入社。2010年 同社チーフエコノミスト、2014年 執行役員チーフエコノミスト、2017年 常務執行役員チーフエコノミスト。2018年より現職。

熊谷亮丸 - Wikipedia

▽10時51分 金丸恭文フューチャー会長兼社長。

金丸 恭文(かねまる やすふみ、1954年3月12日 - )は日本の経営者。フューチャー株式会社(フューチャーシステムコンサルティング株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社)の創業者、代表取締役会長。フューチャーイノベーションフォーラム共同代表。

内閣府規制改革推進会議議長代理、内閣官房未来投資会議構成員、内閣官房働き方改革実現会議議員、働き方改革実現会議委員、経済産業省新産業構造部会委員、経済産業省IoT推進ラボIoT支援委員会委員、厚生労働省データヘルス時代における保険者機能強化と質の高い医療実現に関する有識者検討会構成員、公益社団法人経済同友会副代表幹事、公益財団法人総合研究開発機構(NIRA)代表理事、公益財団法人日本ハンドボール協会特任副会長などを務める。

金丸恭文 - Wikipedia

▽11時39分 新浪剛史サントリーホールディングス社長と会食。

新浪 剛史(にいなみ たけし、1959年(昭和34年)1月30日 - )は、日本の実業家。サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長、元株式会社ローソン取締役社長兼CEO及び会長。弟は東京女子医科大学心臓血管外科教授の新浪博士。

新浪剛史 - Wikipedia

▽12時31分 自民党の「不妊治療への支援拡充を目指す議員連盟」の和田政宗事務局長、杉山産婦人科の杉山力一理事長。

杉山 力一(すぎやま りきかず、1969年 - )は、日本の医師。専門は不妊治療および産婦人科。杉山産婦人科理事長。

杉山力一 - Wikipedia

▽14時29分 横浜市西区の久保山墓地。秘書を務めた故小此木彦三郎元衆院議員の墓参り。32分 報道各社のインタビュー。36分 墓地を管理する「太田茶屋」。知人らと写真撮影。

▽15時30分 ザ・キャピトルホテル東急。57分 林内閣府政策統括官、竹森俊平慶応大教授。

竹森 俊平(たけもり しゅんぺい、1956年3月3日[1] - )は、日本の経済学者。慶應義塾大学経済学部教授(経済学博士)。専門は国際経済学ケインズ経済学とフリードマン新自由主義の中間的な意見を持つ。

東京都出身。1976年パリ大学留学(サンケイスカラシップ)、1980年 慶應義塾大学経済学部経済学科(深海ゼミ)卒業。1985年 同大学大学院経済学研究科修了。同年より、同大学経済学部の助手を務める。ロチェスター大学に留学。1989年 同大学より経済学博士号(Ph.D.)取得。経済産業研究所ファカルティフェロー、読売新聞社客員研究員を歴任。

著作『経済論戦は甦る』にて、第4回読売・吉野作造賞を受賞。

竹森俊平 - Wikipedia

▽17時6分 東京・赤坂の衆院議員宿舎